診療時間
令和なかむらハートクリニック
052-471-3832
〒453-0811 愛知県名古屋市中村区太閤通6-32
診療時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

:消化器内科も診療します

予防接種|令和なかむらハートクリニック|名古屋市中村区太閤通

  • 052-471-3832
  • 〒453-0811 愛知県名古屋市中村区太閤通6-32

予防接種
vaccination

予防接種は、病原体(細菌やウイルスなど)からつくったワクチン(抗原物質)を接種することによって免疫をつけ、特定の病気にかかりにくくします。また、たとえその病気になったとしても症状を軽くする効果があります。ほかにも、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。

インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチン

当クリニックでは、主に成人を対象にしたインフルエンザワクチン、および肺炎球菌ワクチンの接種を、それぞれ行っております。それ以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

インフルエンザワクチン
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も毎年行う必要があります。とくに高齢者や呼吸器系疾患のある方などは積極的に行ってください。
インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかりますが、その効果は約5ヵ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行することが多いので、毎年12月中旬頃までに接種した方がよいと思われます。
また、ワクチン接種を行ったとしても、インフルエンザの感染予防として欠かせない、「咳エチケット」「手洗いの励行」「適度な湿度の保持」「十分な休養」「バランスのとれた栄養摂取」は引き続き行ってください。
肺炎球菌ワクチン
日本人の死亡原因の第3位となるのが肺炎(1位がん、2位心臓病)です。肺炎は、高齢者(65歳以上の方)や慢性の持病をお持ちの方(COPD等の呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変等の慢性肝疾患など)など基礎疾患を持っている方などに罹りやすく、さらに治りにくいという傾向があります。
その肺炎を予防するための策の一つとして、肺炎球菌ワクチンの接種があります。肺炎の原因菌というのは様々ありますが、最も多いとみられるのは、肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言わる)です。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐものです。
また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことは、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎の予防には、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。
このワクチンは一度接種すると5年以上の間隔を空ける必要があります。もし、5年以内に再接種を行うと注射部位の痛みが強く出るケースがあります。接種した日にちは忘れずにメモなどをしておきましょう。